アーカイブ

⑬リフォーム箇所の確認

・1階の3号室

清掃を終え、照明確認の為ブレーカーを入れてみる。スイッチを入れても付かず、私は電気工事士の免許を持っていることもあり、自分で原因を調べることができました。

原因は、蛍光灯器具自体が古く接触が悪いことが原因でした。古い蛍光灯器具で見栄えも悪いこともあり、自分で変える為、ホームセンター、など色々回りましたが、なかなか、2灯用の蛍光灯器具は見つからず、

結局は大型のショツピングセンターに7000円で売っていることが解かり購入し、取り替えました。

・1階の2号室

今回からは、まず部屋の清掃をする前に、簡単なリフォーム箇所の確認です。

1、トイレのドアノブ・・・・古いタイプのノブで、主婦の目線で見ると、住みたいと思わないので交換する。

2、蛍光灯器具・・・・古いタイプの蛍光灯器具で、主婦の目線で見ると、住みたいと思わないので交換する。

3、ドアの表札・・・・元々表札がないのか、取れたのかわからないですけど、表札がないので、取り付ける。

簡単なリフォーム箇所を確認後、清掃開始です。

 

・2階の3号室

簡単なリフォーム箇所の確認

1、蛍光灯器具・・・・古いタイプの蛍光灯器具で、主婦の目線で見ると、住みたいと思わないので交換する。

2、ドアの表札・・・・元々表札がないのか、取れたのかわからないですけど、表札がないので、取り付ける。

簡単なリフォーム箇所を確認後、清掃開始です。

 

・2階の5号室

簡単なリフォーム箇所の確認

1、蛍光灯器具・・・・古いタイプの蛍光灯器具で、主婦の目線で見ると、住みたいと思わないので交換する。

2、ドアの表札・・・・元々表札がないのか、取れたのかわからないですけど、表札がないので、取り付ける。

3、トイレのドアノブ・・・・古いタイプのノブで、主婦の目線で見ると、住みたいと思わないので交換する。

4、壁紙の剥がれ・・・・主婦の目線で見ると、住みたいと思わないので、剥がれを直す。

5、クーラー故障・・・・見てわかる程の故障、交換

6、壁の穴・・・・大きな穴で危険なので、補修

不動産投資へ                                                                   アパート経営⑭へ