アーカイブ

⑫リフォーム

A社              B社            C社

25万円の見積もり・・・・30万円の見積もり・・・・35万円の見積もり

Dさん「A社の見積もりは、B社、C社と違って、安い材料での、見積もりになります」

私「B社は?」

Dさん「B社の見積もりは、A社には無かった、防水パンがついてきます」

私「C社は?」

Dさん「C社は、防水バン付きで、他の工事の方も入っています」

私「そうですか。」

私は、A社の見積もりの材料で、他の会社にも、もう一度見積もりを出して貰いたかったんですけど、急いでいたこともあり、

私「安いほうで、発注お願いします」

と言ってしまったのです。安いといっても25万円です。高かったかなぁと、反省しながら管理会社を後にしました。アパート経営⑩の方でも書いているんですが、このページでは、詳しく書いてみました。

後から、考えて見るとアパートの種類が、鉄骨造りで水に弱く錆びやすいので、アパートを長く運営していくうえでは、室外にあったほうが良かったのかも。

 

リフォーム開始

発注してから、数日後、リフォーム工事が始まりました。道が狭いので、大型トラックで来たら通れないよなぁと心配していたんですが、無事通れたみたいです。工事が終わり、確認の為、室内に入ってみると、綺麗に仕上がっていたので、安心しました。支払いの方は、後で請求書が来るみたいです。

・・・・数か月後、請求書が届き、ネット銀行を使って振込みました。これで、リフォーム工事は終了です。

リフォーム工事が終わり、やっと入居者募集が本格的に出来る状態になった訳です。私も次の日から、満室経営に向けて、空室の部屋を清掃することにしました。

 

清掃開始

主婦の目線になって細かい所まで清掃作業をするよう心掛けました。

清掃業者が退去後にハウスクリーニング(清掃作業)をしていても、主婦の目線で見てみると、汚れているものです。

・1階の3号室

この部屋は退去後2年以上、空室だったみたいです。トイレ、お風呂を特に綺麗にしました。

不動産投資へ                       アパート経営⑬へ