アーカイブ

⑪リフォーム開始前

管理契約を済ませてから、数日後アパートのリフォームが始まりました。リフォーム内容は、ベランダにあった洗濯機置き場を室内にも作るというものでした。

管理契約をかわす前、アパート購入の交渉中↓↓

Aさんからの話

Aさんの話を聞く内に、私も初めてのアパート経営だったこともあり、リフォームをしようと決めてしまいました。

Aさん「リフォームはされないんですか?」

私「えっ、ああ、考え中です」

Aさん「ファミリータイプの場合、最終的には奥さんが決めることが多いので、主婦目線が大事ですよ」

私「そうなんですか?」

Aさん「前に来たお客さんも、ファミリーの方で、奥さんが外に洗濯機置き場がある事を気にしていて、結局入居してくれませんでした」

私「えー、そうなんですか」

Aさん「はい、やっぱり主婦の方は自宅に居ることも、旦那さんより長いし、女性なので洗濯機置き場が外にあると、防犯の面からしても洗濯はしにくいんじゃないかと」

Aさんの話を聞く内に満室経営を目指すには、主婦目線が大事だと学び、

それで、リフォームを決めました。

リフォームの相見積もり

リフォームは管理会社に任せることにしました。自分で業者を探しても良かったんですけど、素人が頼むと雑な工事をされることがあるので、管理会社にお願いしました。

管理会社に任せることで、管理会社も儲けがでて、一緒にリフォームをすることで、満室にしなければいけない、という使命感を持って業務に取り組んでくれると思ったからです。

早速、Dさんに連絡を入れ、お願いしました。

Dさん「見積もりは、相見積もりで、2社以上から取りましたので、契約の日には揃うと思います」

私「分かりました。お願いします」

見積もりは、相見積もりで、2社以上から、見積が揃うのは、管理契約日ということです。

値段は、高いと思いますが、管理会社が選んだ所なので、それなりの仕事はしてくれるはず。

と思いながら、管理契約の日

3社の見積もりをDさんが持ってきました。

25万円の見積もりと、30万円の見積もり、35万円の見積もりがでてきました。

不動産投資へ                       アパート経営⑫へ