アーカイブ

⑩管理会社変更

売主が入っていた売買専門の不動産管理会社から、仲介が専門の不動産管理会社に変更する。

私は、その日の内に仲介が専門の不動産管理会社に変更する為、不動産会社を訪問していました。

中に入ると、受付の人数も多く、丁度お客さんに物件を案内しているところでした。Aさんの紹介もあり、すぐに担当の方に合うことができ、早速、管理会社変更の話をしました。私は、この会社に決めていて、早く管理をたのみたかったんですが、管理会社のDさんは、

「契約書を交わしてからじゃないとできない」

と言われ私は、

「契約はします。ので今日から管理をお願いします」

と言ってカギと入居者の契約書をコピーして渡し管理を任せました。

管理会社の種類と特徴

①管理が専門の不動産管理会社・・・・管理がしっかりしている、24時間対応

②仲介が専門の不動産管理会社・・・・客付けが強い

③売買が専門の不動産管理会社・・・・売買が専門

管理会社を選ぶ際は慎重に、トラブルに24時間対応してくれ、専門の窓口を設けていてくれる所は信頼性が高いと言えます。

管理契約

管理をお願いしてから、数週間後、Dさんから連絡があり、契約日が決まったので、また来るようにとのことでした。

管理契約当日

必要な物・・・・印鑑、アパート用に新しく作った通帳、

不動産管理会社に付き、中に入ると、Dさんが現れ挨拶を済ませると、奥の部屋に通され、数分後、Dさんともう一人偉そうな方がでてきました。

「店長のEです。よろしくお願いします」

私、「こちらこそ、よろしくお願いします」

挨拶を済ませ、名刺交換です。そのあと、Dさん、が管理契約の内容を読み上げました。

私は、それを聞き終わると、契約書にサインをし、終わると同時に店長のEさんが退席し、Dさんと私は、アパートのリフォームについての話をしました。

前回訪問した時に、リフォームの話をしていて、その続きです。

Dさん、「リフォームの見積もりができたので」

3社の見積もりを私に見せる

私「安いほうで発注お願いします」

Dさん「分かりました。発注しておきます」

リフォームの話を簡単に終わらせると、不動産管理会社を後にします。

不動産投資へ                        アパート経営⑪へ