アーカイブ

⑨決済

売買契約が終わって、数日後AさんからFAXが届きました。内容は火災保険の見積もりと、決済当日に必要な、お金の見積もりでした。

私は、金額を確認すると、決済する銀行口座にお金を移しました。

お金の取引は現金だけで直接すると思っていました。でも実際は現金と通帳でするみたいです。

・決済当日に必要な物

住民票、印鑑、銀行通帳、

決済当日

指定された銀行に付くと、AさんとBさんが待っていました。まだ、売主は来ていません。今回は私の方が早かったみたいです。AさんとBさんに呼ばれて、ついていくと、机とソファーが用意された所で、待つようにゆわれ待っていると、売主と司法書士のCさんが現れました。2人ともスーツ姿で、私は、「しまった」と思いました。

私も、スーツで来ればよかったと、何だかスーツじゃない自分が恥ずかしくなってきました。

そう思っていると、Aさんが銀行の用紙を持ってきて、私はそれをひたすら書きました。書き終わると、Aさんが私の通帳と一緒に窓口に持っていき、お金の準備が終わると、10分~20分くらいで、銀行員の方が来てお金を数え始めます。

やっぱりプロはお金を数えるのが早いなぁーと関心しました。

固定資産税、仲介手数料、司法書士代、火災保険料、の現金決済が終わり、少しだけ待ち、通帳の決済も終わり、売主とCさんは帰っていき、私とAさん、Bさんは、不動産会社へ向かいました。

 

決済終了後

Aさんから火災保険(20年継続の火災保険に現金一括払いではいりました)についての話を聞き、それからアパートのカギを渡されました。

これで私もやっと大家になることができた訳です。

早速仕事です。大家になって初めての仕事は、管理会社変更です。

Aさんも、管理会社は変えたほうがいいと、アドバイスをくれ、早速仲介が強い管理会社に変更する為、不動産会社を後にしました。

不動産投資へ                       アパート経営⑩へ