アーカイブ

③投資法

アパートの種類

①木造アパート

メリット・・・・固定資産税が安い、アパート自体が安い。

デメリット・・・・白アリ被害、火災時は燃えやすい、経年劣化による家賃の下落。

②鉄骨造アパート

メリット・・・・経年劣化による家賃の下落が少ない。

デメリット・・・・鉄骨なので水に弱く錆びやすい。

③RCアパート・マンション

メリット・・・・遮音性がある、融資が通りやすい。

デメリット・・・・固定資産税が高い、アパート自体が高い、水漏れ修理が高くつく。

 

私は初めの頃、新築の安いアパートを建てようかなと思っていたんですが、アパート経営の勉強をして行くうちに、本当に2000万円で足りるのか不安になり始めて計算した所、2000万円じゃ足りないことにきずき、新築のアパート経営は諦め他の方法を探すことにしました。

私が選んだ投資法

新築のアパート経営は諦め、次に目をつけたのが中古アパートの経営でした。

中古アパートの特徴はアパート経営②のページでも紹介したんですが、

もう一度解かりやすく解説したいとおもいます。

①アパート経営は、立地が非常に大事

・中古アパートは売りに出ている物件も多く、自分でアパート経営をしたい地域を選べるんです。

 

②オーナーチェンジで満室の場合

・購入してすぐに満額の収入を得ることができます。

 

③オーナーチェンジで空室が目立つ場合

・購入してすぐに満額の収入を得ることができず、空室対策を施したあと、不動産仲介業者に入居者募集をしてもらわなければなりません。

 

④安くで購入できる

・確かに、新築のアパートと比べると、中古アパートの方が安くで手に入れることができます。

・中古アパートは、売主が売り急いでいる場合は安くで購入できるパターンもあります。

・空室、建物の劣化、リフォーム、現金購入を材料にすれば値下げ交渉に応じてくれることも多い。

 

⑤入居状況を見ることでこれから先の計画が立てやすい

・家賃で地域の相場、利回りも計算できる(ちらしやホームページの利回りは当てにできない)

・どの様な人が入居しているかで、これから先の退去予想ができる。

不動産投資へ                         アパート経営④へ