アーカイブ

①投資先

私が不動産投資に興味を持ってアパート経営を始めたきっかけは、株式投資で資金が2000万円を越えたことでした。20代で2000万円というお金を現金で持っている方は少ないと思いますが、私は稼いでしまったのです。2000万円という金額を、このお金をどうしようか悩んだ結果、不動産投資を始めようと決めました。

不動産投資を始めようと決める前に悩んでいた投資先

①不動産投資パターン

500万円はとっておき1500万円資金を投資した場合、

理想は1000万円代のアパート1棟購入で月20万円の収入。 利回り20%(だいたいです)

順調に行けば5年で資金を回収できる計算です。(だいたいです)

しかも、土地、建物も残る。

不動産投資の場合、私は色々と勉強していて、アパート経営は利回り20%ぐらいあればOKと自分でルールを勝手に決めていました。

②銀行に預けるパターン

1000万円預けたとしても高いところで1年で2万円稼げるかどうかです。

しかも銀行が潰れた場合、1000万円以上預けていた方のお金の保証はされません。

銀行も絶対に潰れないという保証はないのです。

③株式投資でこのまま運用パターン

2000万円もの資金になってくると私の今までの投資法を見直す必要がある

私の投資法はハイリスク、ハイリターンな投資法で、リスクが高く、せっかく稼いだ2000万円がパーになってしまう可能性もゼロではないので、株を運用できる資金だけを残して、余った資金で他の投資先を探すことにしました。

④飲食店パターン

メリット

・人気店になれば稼げる

デメリット

・開業資金が必要、(店舗を借りるか、買うかしないといけない)、材料費

・人を雇わなければいけない(自分が働かない場合)

人気店になれば、稼げそうかもと思いましたが、私には料理などの知識もなく、自分が働かない場合、人を雇わなければならず、フォローも必要なはずなので、諦めました。

 

*私は、不労所得が作りたかったので、飲食店経営は人を雇わなければならない所が嫌でした。

投資家の立場でいうと、人はいつ体調を崩したり、病気になるのかがわからないので難しい。

不動産投資へ                           アパート経営②へ